お金ないのでおじさんからデート1回2万円を伏見でもらいたい

「使えるお金がなくて困っているのに・・・」

 

と、

 

毎日のようにパートやバイトで頑張って働いているのになかなか収入が増えないし、そろそろパパ活でもやってお小遣いをおじさんからもらえないかなと悩んでいる女の子にとって、使えるパパ活サイトを教えますよ?

 

パパ活ってカンタンに言えば、おいしいごはんをパパ(おじさん)と食べに行くだけと言うまさにおじさん好きであれば理想通りの出会いだったりします。

 

とはいえ、さすがに例えば女の子が大学生だとして、50過ぎのおじさんはなんか臭いからやだ・・・

 

となる場合もありますよね?

 

だからこそ、プロフィールにはどんなパパが理想なのかをちゃんと予め書いておくようにすれば、理想のパパをゲットしやすくなりますよ。

 

例えば、

 

ぽっちゃりなおじさんはNGで、できれば30代から40代の男性がいいです。

 

と書いておくわけです。今、出会い系サイト内で書くときに気をつけることといえば、メールのように2人しか見れない場所であればどちらでも良いのですが、みんなが見える場所(プロフィールや掲示板、日記)などではパパという言葉やお小遣い、2万円などと言った金銭が絡んでいるような言葉はNGワードになっています。

 

ですので、

 

お小遣い →訳あり、意味がわかる人、優しい人、条件

 

などという他の人が読んでもすぐにはお金を想像しづらいグレーな言葉を入れるようにすると良いでしょう。

 

出会い系サイト内の男性会員だと意味が分かるわけです。

 

Jメールパパ活

 

この女の子のプロフィールの場合は、パパッと会いたいと言うことにしていますね。(笑)

 

パパを募集していくときは、男性からのメールを期待して待っているのではなくて女の子からタイプのパパになってくれそうな相手にメールを送信してみるようにしてみましょう!

 

そうしないと出会い系サイトで男性の50%は、セフレ(お金が絡まない)や恋人などを求めている傾向があります。

 

そのため、うまくパパになってもらえるようなメールをくれる人は少なめです。

 

女の子からメールをしていくときは・・・

 

まずさり気なくパパ活に興味があるのかないのかを聞くようにします。

 

・「パパになってくれませんか?」

 

・「パパ活しているんですけど大丈夫ですか?」

 

・「訳ありでパパ探してます。」

 

最初から具体的な話(お小遣いやそのデート内容)をメールしてしまうと男性がびっくりしてしまいます。^^;

 

また、お金を絡ませて好きでもない男性とHをしようとすることは違法になるので、ご飯を食べる、買い物デートをする、日帰り旅行に行く

 

などがよくしているパパ活デートになりますよ!

 

パパ活のおまとめ・・・

 

・好きでもない相手とお小遣いをもらってHするのは売春になってしまうのでNG!

 

・サイト内では、メール以外でパパ活の具体的な内容をするのはNG!

 

このページの先頭へ戻る