東京都内でお金持ちおじさんにご飯を奢ってもらいたい

東京都内にいくら住んでいてもお金持ってないと面白くないって感じたことありませんか?

 

今は、どこへ行っても観光客ばかりだし私も少しでも楽しいことをしたいと言う気持ちが湧いてきますよね。

 

そんなときは、わざわざバイトだったりよく分からない副業に手を出すよりも手軽にお小遣いをくれるお金持ちのおじさんと出会うようにしてくれば良いじゃないですか?

 

お金持ちのおじさんにとって女の子に3万円ほどのデート代(お小遣い含む)を使ったところで何ともないわけですよ。

 

東京都内であれば全国で最多の年収1,000万円以上の世帯が多くチャンスはいくらでも転がっています。

 

その代わり、パパ活できる出会い系サイトを使わないとまず無理なんです。

 

今良く使われている出会い系サイトと言えば、Jメールとメルパラですね。

 

どちらも同じ系列の会社が運営していますが、「ご飯奢って〜」とメールを高収入の男性に出せばそれだけで何人か返事が着て遊びに行けるようになりますよ。

 

メールをもらった後に、「ワケありだけどいいかな?」と言ってあげると、1度メールに応じている男性は出会えるチャンスを潰しちゃいけないと思ってOKしてもらえちゃうんですよ。

 

つまり、小出しに条件をのませるようにして1度だけでOKさせようとしないことが大切なんですよ。

 

いや、本当にビックリですよ。お金ない私でもパパ活できたんですからね。

 

まあ、女性は無料で使えるってことで私1円もお金出さずに会ってるんですけどね、パパ活って援交みたいな言われ方するけど私1回もしてないですよ。

 

それに、Jメールでパパにメールしておけば基本文句言われないし、ご飯だけの関係だからかな?

 

奢ってくれるなら会ってと誘うことにしてます。

 

(渋谷区内 24歳 シングルマザー)

 

私は都内在住の女子大生です。
4カ月ほど前のことです。
私にパパができました。
パパと言っても、愛人契約のようなものではありません。
純粋にデートする、食事パパを発見できました。
ハッキリ言えば、都合の良い関係なんて存在していないと思っていたんです。
でも、パパ活って本当にありました。

 

 もっと自由に遣えるお金が欲しいとは思っていました。
一生懸命アルバイトをやっても、時給が安いですから大したお金にはなりません。
できれば、楽で収入が良い方が良いなと思ってしまっていたりして。
それで思いついたのが、パパ活でした。
都合の良い関係が本当に存在しているかどうか?
とっても疑問な部分もあったけれど、とりあえずチャレンジするのは無料だしいいかなって気持ちで、出会い系ハッピーメールを使ってみました。

 

 半信半疑ながら、食事で癒やされたいなんて、掲示板に投稿をやり続けてみたんです。
ハッピーメールって男の人は有料だけど、女の子は無料なんです。
だから、損する部分が全くありません。
とっても気兼ねなく、リラックスして、パパ活をやれたのが良かっのかもしれません。
募集を続けた結果が出ました。

 

 相手の人、40代の会社経営者。
定期でディナーに付き合ってくれる相手を探していると言っていました。
LINEで通話した時、実際に会ってから決めたいと言われたため、お茶の約束をしました。
昼間の時間帯だから、怖い気持ちはあまり持つこともありませんでした。
相手の方が気を遣ってくれたのかもしれないけど、人がたくさんいる繁華街での待ち合わせ。
気兼ねなく出かけて行くことができたのが、とっても良かったと思うんです。

 

 見た目はダンディー。
ナイスミドルという言葉がピッタリかなって感じでした。
横柄な態度もなく、笑顔も見せてくれて、心がホッとしていました。
「一度、ディナーに付きあってもらって、それから本格的に継続するかどうか決めたいんだが、どうかな?その時に2万円を支払う」
ものすごい条件を提示してくれ、翌週ディナーにお付き合いすることになりました。

 

 平凡な女子大生ではやってこれないような、高級店。
胸が躍りました。
とっても料理も美味しい。
お酒もちょっと頂いて、気分最高の感じでした。
帰り際に「良かったら、時間を定期で割いてほしい」ってパパの方に言われちゃって、感激。
しかも支払いは3万円って言うんです。
都度払いの3万円。
すぐに、デートの約束をお願いしてしまったのです。

 

 半信半疑から始めたパパ活なのですが、出会い系の中にはいました。
ハッピーメールで食事パパを発見。
4カ月ほど関係が続いていますが、月に3回から4回程度デートさせてもらっています。
凄い収入ですよ!

 

(21歳・女子大生・海遊)

このページの先頭へ戻る