精神科に通院中の私でもパパを募集しても大丈夫なの?

pcmax

病気を患っている女性の方が、日々何だかんだと病院に通う交通費、診療代、薬代など様々な費用が健康な人に比べて掛かるわけで、そうなると今働いていたり親からの支援で生きている女性にとってはその分だけ苦しい生活を送っているわけですよね。

 

だからこそ、月に1回だけでもパパと出会ってみるだけで1から10万円のお小遣いを手に入れることが出来れば、もっとお金のことを考えなくても済む出会いを楽めるようになります。

 

病気にも色々とありますけどねもちろん?

 

精神的な病気の場合は、1度のパパ活でもなんとか体裁を整えることができるため特に病気のことを隠していても問題はないです。

 

ただし、長期的なパパになってもらいたいという思いが出てきた段階では言っておいた方が無難でしょう。

 

肉体的な病気の場合、例えば癌(乳がん、肺がん、子宮がんなど)、糖尿病、心臓病などの場合は、先に言っておいた方が良いかもしれません。

 

それは、パパと歩いていて突然体調が悪くなってしまったときにパパに救急車を呼んでもらわないとまずいからです。

 

なら、性病はどうかというと、出来る限り病院で治療をして頂くことでもし体の関係にまで発展した場合には、パパに移してしまう恐れがありますので、

 

ですが、手をつないだりキスしたり程度ではパパが体調不良じゃなければ伝染らないのでそこは安心して会いにいけばOKです。

 

 

パパ活が今では出会い系サイトを使えば出来ることを前々から知ってはいたんです。

 

それで、精神科に通いお薬を服用しながら実家で生活する私はすでに30代で、兄妹はいないですし独身のまま、彼氏は2年ほど前にいたけど、なかなか会える身体じゃないので自然消滅しました。

 

ただ、貯金は3万円しかなく2ヶ月に1回だけまとめてもらえる年金でどうにか親の年金暮らしの収入に支えてもらえている所もありますけど生活しています。

 

両親だってもう若くはないですし、最近母親が65歳、父親が70歳になりどちらも年金生活を普通にできるようになりました。

 

ただ、父親が足が不自由になっているのか介助しないといけなくなってきているので心配で、将来私一人だけ取り残されるんだと言う寂しさとそして恐怖もあって、

 

できるだけ今のうちに将来一緒に生活してくれる伴侶探しも含めてのパパ活なんです。(半分パパ活、そして半分結婚相手探しみたいなノリです。)

 

何せ私は、1人でいるときはたいてい寝ていて、体調が悪いからなのですが、それもこれも思い返せば短大を卒業してから27歳のときまで勤めていた会社のせいなんです。

 

そこの会社のクレーム処理係を任されていたので、毎日電話で怒鳴られるのが当たり前でそれで頭が痛くなってきて、そしてパニック障害と鬱病を併発してしまい、

 

精神科に通う状態になっても回復しないので、そのまま自己都合退職になってから障害者手帳をもらうまで、数年の年月があったはずなのにあまり覚えていないんです。

 

今は、パパ活をするのは割りかし手慣れたと言いますか、スマホでサイトを弄って相手を見つけるだけなので、誰でもできますし。。

 

まあ、見つけたパパと会う約束になっても、必ず私が会える体調ではないことくらい分かっているんでそれで相手も会ったとしても1時間くらいでお茶だけして特にお小遣いはなくてすぐに帰る人もいるんです。

 

ただこのとき会ったパパは、出会う前にメッセージのやりとりを3日ほどしていたこともあり、お互いに状態がよく分かっていたと言いますか、出会いやすい環境にあったので出会えたし、そこそこ盛り上がったんです。

 

会社員で40代、年収500万円のパパは片方の親がすでに亡くなっていて、

 

だけど本人はまだ独身だからもう子供は厳しいんじゃないかってことで、私と同じようなどこか寂しさを抱えたような人でしたけどね。

 

私は喫茶店ではできるだけ笑顔を振りまいて、パパにできるだけ良いと思ってもらえるようにまた、お小遣いをもらえるように紅茶を飲んでいるときでも体調が悪いことを隠して頑張ったんですけどね。

 

私の唯一の楽しみはカラオケですけど、パパに喫茶店後にカラオケに連れて行ってもらえてストレスが発散できて良かったです。

 

また、お小遣いも帰り際に1万円もらえたのは本当に助かりました。

 

パパ活なんて言っても私みたいな人だとデート代は出してくれてもお小遣いはなかなかもらえないことが3回に2回はあるんで、お金お金!と言う気持ちは出さないようにはしています。

 

そうすれば、何かと楽しんで帰れてますよ。

 

(愛知県 あゆみ 33歳)

このページの先頭へ戻る