パパ活を女子大生がして1時間あたりいくらお手当もらえるの?

女子大生が今のうちにしかできないことと言えば、ちょうど生活費にも困ってくる年頃にもなってくるので、パパ活をしても良いんじゃないですかね?

 

そりゃ大学生にもなれば、高校の時までとは違いみんな私服だし、どこかへ外食するのも当たり前になってくるし、そして学費がズドーーンと重くのしかかってきますよね。

 

さすがに親だけには頼れないのならパパ活するのも決して悪いことじゃないですからねルールさえ守ればですけどね。

 

よくある飲み屋のおねえちゃんと何が違うんだよってなると思いますけど、それはパパと二人だけで出会うことで、お手当を直にもらえると言うメリットがあるのです。

 

もちろん、お店だと予めお客さんからお金を支払ってもらう段取りがあるので、そこはパパ活する女の子がしなきゃいけないところですけども、それさえクリアしておけば月50万円以上ものお手当を複数人のパパからしてもらえた結果もらっている女の子なんて今じゃゾロゾロいるんですよね。

 

もちろん何に遣おうが将来に対して貯蓄しようが女の子にお任せ状態!

 

さすがにどんなパパと出会ってもお手当をくれるわけじゃないのは、頭の良いあなたなら知っているはずです。
お金をくれるパパの前提は、高収入の男性に限ります。
・会社経営者 ・役員 ・公務員 ・医療関係者

 

などはよく知られてますが、その息子と出会うなんてことも立派なパパ活ですよ。

 

親がもう60代で子供は30歳、働かずに不動産賃貸の収入をそのままパパ活で散財しているようなドラ息子をパパにしちゃうのもありと言えばありですよね。

 

まだ年齢が近いですし!

 

パパ活のお手当の相場ですが、

 

1時間5千円程度とまずは見ておくと良いでしょう。

 

私なら1時間2万円もらわなきゃダメ!と言わず、最初のパパ活はこんなもので、一緒にご飯食べていれば、1万円から3万円程度のお小遣いをもらえるものです。

 

何度も出会うようになれば、10万円とか20万円をボーナス時にくれるパパが出てくるようになるんですよね。

 

なら、パパと出会うときのルールなのですが・・・

 

ツイッターでパパ活しちゃダメ!

 

1時間5千円でパパ活したいなんて書き込みをするのはルール違反なので、BANされるだけじゃなくて出会った男性が、警察官だった・・・なんてこともあり得ます。
これは、健全なる社会を目指しているためですからね。
掲示板に、お金の話を書いてしまうのは犯罪の助長に繋がるってことなんですよね。

 

これから紹介していく出会い系サイトでも同じことなのです。

 

また、18歳以上の方だけしか使えません!

 

年齢確認はあります。公的機関が発行している免許証や保険証、パスポートなどと分かる部分と生年月日を写メに撮り、指定されたメールアドレスへ送信することです。

 

ここまでできれば女性は無料で使えますし、男性はおすすめとして3千円分のポイントを購入することで、パパ活できるようになりますね。

 

Jメール
pcmax

Jメールは、お金持ちのパパが地元にたくさんいるとしても、どの人がお金持ちでしかもお小遣いを定期的にくれそうなのか分からないですよね。

 

だからこそ、今のうちにパパ活が人気のサイトを使っておくことで、お金に困らない大学生活を送れるようになるんですよね。

 

コツは、まさにお金の話はサイト内ではしないことのみ!サイト内では健全な雰囲気の中で出会いが訪れてほしいと願っているので、そこは仕方ないことなのです。

 

メッセージを送る時は、「ちょっとお願い事があるんだけどね・・・」「生活が苦しんでどうにかなればいいかなって」そんな濁した言葉でも大丈夫ですよ。

 

 

利用料金(よく使う内容のみ) プロフィールに書いておきたいこと 評価

女性だけ完全無料!!
男性は登録無料で最大1,000円分のお試しポイントがもらえる!!

見た目(何歳くらいに見えるのか?)、初デートでしたいこと、理想の男性像、お酒やタバコはするのかしないのか、など お金くれるパパ,募集,

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る