パパ活でお金のもらい方ってあるの?

Jメール

パパ活をしたいと思うようになっても、つい気になるのがパパにお金をもらいたいことをどうやって伝えればよいのかということですよね。

 

そこで、どうやってパパにお小遣いをもらうのかについて紹介したいと思います。

 

基本は、パパが自然とお小遣いをくれるのを待つスタイルが大事!

 

例えば、「絶対に絶対に1万円ちょうだい!」と言ったとすると、「俺にメリットねえし」となるパターンがほとんどです。

 

ですので、パパ自体があっさりと懐からお金を渡してくれるように誘導するのが、今最も安全にお小遣いをもらえる出会い方になります。

 

そのためには、しっかりとパパのプロフィールをチェックしておくことも重要な要素です。

 

なぜなら、フリーターやニートなんて言われたら、なかなかお小遣いの金額が高くなるわけがないのです。

 

見栄を張りたいパパなら、フリーターだったとしても会社員って選択があります。

 

パパがお小遣いをあげるときの顔の表情を見ながら、このパパはなけなしのお金を渡しているのか、それとも貯金も収入もあるから別によいかなと思って渡しているのかの区別がつくようになります。

 

まずは、確実に奢ってくれるパパじゃないとお小遣いのことまで無関心の割合がとても高いので注意しておくとよいでしょう。

 

 

緩やかなパパ活を目指している女性の体験談

 

パパと出会ったら必ず1万円とか2万円とかお小遣いをもらうつもりで出会うようにしていたんですよ一時期はね。

 

だけど、なんか身体の関係とか求めて来ようとするパパもいたりして、さすがにそれは断ったんです。

 

それだと結局交通費も自腹になって何のためにおじさんと会いに行ったのか分からなかったんです。

 

それで今は、待ちスタイルにしてます。

 

パパとは必ず奢ってくれることを希望するだけなんです、レストランでも旅行でも何でもいいので奢ってね!

 

というポジティブな気持ちでいたら、「なら、これあげるよ」と言われて1万円、2万円とお小遣いを手渡しされる機会が増えてしかも身体の関係も求められずに済んでます。

 

特に良かったのは、ストーカー化しそうなパパと出会わないことですね。

 

あくまでも軽いお付き合い!友達くらいのノリで会う方が困ることを言われないので安心できてますよ。

 

(静岡県 30歳 パート)

 

コンビニでバイトした帰りにちょっとだけパパとお茶して帰ってお小遣いを5千円もらっている生活が1年ほど続いてます。

 

私は大学生なので、週2から3日ほど3から4時間ほどバイトするんですけど、それだけじゃ食べていけないと思ったので、夜8時から10時ごろと電車がある時間帯内で短めにパパと会うことにしてるんです。

 

今は、おかげでバイト代が月々2万円くらいと少ないですけど、パパとは4万円もらえているので、月6万円ほどの収入に。

 

さすがに実家暮らしだからそれでも貯金できているんですけどね。

 

(神奈川県内 21歳 大学生)

このページの先頭へ戻る