援交は時代遅れ!今はパパ活で2万円のお小遣いデート

今まで、大学に入ってからお金がないときは援助交際でお小遣い稼ぎをしていたのですが、それを止めました。
なぜ止めてしまったのか?と言えば、まず援助交際はやっちゃダメってことに気づいたこともあるのですがそれよりも気軽な関係を知ってしまったからです。
それがパパ活でした。

 

バイト先の仲よしから聞いたのがパパ活。
「食事デートだけで、1回2万円もらってるよ」って、言われた時、本気で驚きました。
パパ活という言葉は理解していたのですが、本当に存在しているなんて驚かされました。
「都内なら利用者も多いから、ワクワクメールで募集すれば、相手探しは成功だよ!」
バイト仲間の一言に、パパ活をやる決心をしました。

 

 私は都内の文京区で生活しています。
近場でお金持っている男の人を探すため、ワクワクメールのアプリを使うことにしました。
バイト仲間の話では、直接金銭の書き込みやサポートって書いちゃダメみたいですね。
だから、優しい紳士と食事の関係を作りたいって、掲示板に投稿してみました。
喰い付きは、決して良くはありませんでした。
男の人から、直ぐメールが来ることもなく。
たまに、食事だけって思っているような人からは、連絡が来ましたけど。
できれば高額支給をして欲しい私。
頑張って掲示板の投稿をやり続けてみたんです。

 

 最初に待ち合わせした人なんだけど、1回の食事で1万円。
悪くはないですよね。
お食事だけで諭吉が手に入るんですから。
しっかりと、1万円の支払いもしてもらったのは良かったのですが、一度きりで終わってしまいました。
でもパパ活はあるのが、実感できたため、さらに募集を継続。
次に待ち合わせしたのは、2万円の約束をしてくれました。

 

かなり太った、いかにもお金持ちそうな雰囲気の人。
高級車で私の前にやってきたから、本当にビックリさせられちゃって。
車に乗せられて、某所の高級レストラン。
これ、ガチでビビりました。
「週1回〜2回ぐらい、ご飯付き合える?」
「はい」
「支払いは2万円、あとちょっと交通費出そうかな」
「ぜひ、お願いします」
食事しながら、スイスイと契約してもらっちゃって、2万円+5000円の支払いを受けました。

 

 それからというもの、週に1回〜2回程度の待ち合わせをするようになりました。
信じられませんよね。
週間で4万円と+αの収入。
こんなに簡単に?
美味しいご飯を食べるだけなんだよ!
なんて、自分自身で驚きを、いまだに感じてしまったりして。
パパ活、噂話じゃありませんね。
本当に、食事パパっていますよ。

 

(20歳・女子大生・凛花)

このページの先頭へ戻る