ゆとりを持ちたくてパパ活!

島根県で30才の既婚女性がパパ活して月8万円って凄くない?

 私のスペック。
住みは、島根県江津市。
年齢は30歳。
既婚でパートに出ています。
アラサーの私が、パパ活に成功しました。
見た目が良くない私なのですが、食事だけでお小遣いを貰えるようになりました。
浮気でもないこの関係のおかげで、私たち家族の生活は安定しています。

 

 物価高騰や、給料が伸び悩んでいることや、消費税アップなども含めて、日々首を絞められているような生活をしいられていた私達家族。
これは、私たちだけではなく、どの家庭でも同じなのではないかと思います。
私もパートに出ているけれど、時給はとても安く働かされてしまっているため、生活が楽になることは有りません。
副収入の方法を考えていて、パパ活という選択をしました。

 

 援助交際とは違います。
パパ活っていうのは、デートするだけでお小遣いを貰える関係です。
これなら、精神的肉体的負担にもならない。
浮気ではないため、家庭崩壊にも繋がらない。
パパ活に成功すれば、生活のやり繰りが楽になる。
すべての面において、プラスなのです。
だから、出会い系を利用してみたのでした。

 

 高い人気を誇るワクワクメールを利用してみました。
パパ活には年齢は関係ないという話は聞いたことがありました。
ですからアラサーでも、チャンスはあるに違いないという気持ちはあったものの、見た目は決して綺麗ではない私でしたから、その辺は心配の種でもありました。
それは杞憂に終わったのです。

 

 パパになってくれるかもしれない方と、面接することになりました。
私を見ても、表情ひとつ変えない方。
何度か食事をしてから、継続するかを決めると言われました。
面接という形の食事の期間は、支払いが1万円。
それでも、とても大きな金額でしたから、お食事デートにお付き合いすることに。

 

 3回ほど面接を兼ねた食事デートになったのですが、手応えを感じていたんです。
3回目の食事が終わったあと、継続で一度に2万円の支払いの約束をして、本格的なデートパパになってもらえたのです。
年齢や見た目には関係ないというのは、本当のことでした。
私にも、パパができたんです。

 

 現在も、パパとの食事デートは続けられています。
だいたい週に1回ペースなんですが、これは苦痛にはなりません。
パートの収入以外に、月に8万円の副収入が食事だけで手に入るのですから。

 

(30歳・パート主婦・紗綾乃)

このページの先頭へ戻る