千葉でパパ活したら本当にお小遣いもらえるの?

千葉県内で夢に向かって色々と頑張ってはいるけど、さすがにお金が掛かりすぎてしまうのは、きつい・・・きつすぎると悩んでいる女の子はきっといるはずですよね。

 

特に、資格取得は今のうちにしておかないと就職するときに評価ポイントに使えなかったり、今後の仕事で「この資格持っているのなら、君にこの仕事任せるよ」と言った嬉しいことがまず起きないですよね。

 

将来のことを考えれば考えるほど、今だけで良いから支えてくれるパパを求めるのは決して悪いことではないですし、さすがに両親以外ではいくら親戚とは言え頼れないこともあるでしょう。

 

パパとはどんな関係で大丈夫なの?

 

一緒に食事したりお茶を飲みに行くだけ!

 

また、お買い物に付き添ってもらうだけで良いので、とても簡単です。

 

パパは、女の子が喜んでくれる姿を見たいだけなので、身体目的で出会おうとすることは少ないですね。

 

大人の関係をすべて断ることで、本当に優しいパパと出会うことができるようになります。

 

ただし、さすがにすべて断ってしまうとパパからの連絡が少なくなるときもありますので、その場合は”仲良くなってからが良いです。”と言葉を濁すことでうまくHを避けながらお小遣いなどイイ思いが次々とできるようになります。

 

 

千葉県内でパパ活している体験談

 

私は、大学1年で今年高校を卒業したばかりです。バイトもしながら大学生活を送ってはいますけど、それだと資格取得ができずに悩むようになっていたんです、特に前期後期の試験もありますし。

 

そこで、パパに週1度で良いから会ってお小遣いでももらえれば、バイトに行く回数が減らせるのにと思っていました。

 

パパを探せたのはJメールってサイトで誘い飯掲示板でハンバーグで良いから食べに行きたいと書いていたら、5,6人のパパから連絡をもらえたんです。

 

その中で変態パパは1人くらいはいたので、そういうパパとは会おうとせずに顔や年収などの条件が一番良かったパパと連絡を取ることに。

 

LINE交換もしてみたら1万円のお小遣いも付けてくれると言うパパだったのでご飯デートしてみたんです。

 

身体目的じゃなさそうなパパと会ってみたら、40才の会社員でたまたま千葉には出張で来ているだけとのこと。

 

私は、食べログで美味しいと評判のお店でご飯を奢ってもらえたんです。

 

「おいしそうに食べる娘だね!」

 

と喜ばれてちょっと恥ずかしかったですね、帰りに1万円ほどもらえて帰宅したんです。

 

さすがに出張で来ているパパだったので2度目はなさそうでしたけど、パパ活の感覚を掴むことができたので、それ以来もう3人のパパと会って、そのうち60才のパパとは今お買い物デートしては、ちょっと高そうなメイク道具や服とかも買ってもらえ、まるで孫みたいな雰囲気の中、バイトも最近では週2回に減らしても良くなってきました。

 

このまま目指している資格取得にも力を入れていきたいです。

 

(千葉県 19才 大学生)

 

 

今友達とパパ活したらどうなるのかな?なんて話していて、それでパパ活にチャレンジしたんです。別に私は、バイトもしているしお金はもらえれば嬉しいかなって感覚でしているだけですけどね。

 

今は年金がどうとか、消費税が上がってどうとか色々と不安なことが多いですし、パパになってくれる人は今しか見つけられないんじゃないかと思っているんで。

 

サイトはワクワクメール使ってます、年収1,000万円のパパと知り合えたんですけど、感じがとても良いパパで驚きました。

 

「私、焼き肉食べに連れて行って欲しいけどいいの?」

 

とおねだりしてみたら普通に良いよって言ってくれて、花見川区内の焼肉店でそこそこ高いお肉頂いちゃったんです。

 

しかも、5千円ほどでしたけどお小遣いももらえてこれがパパ活なんだと関心仕切りでしたね。

 

この日から、今もパパとは続いてます。しかも、最初のお小遣いは顔合わせだったから、あれくらいだったけどとか言われて今は毎回1万円ですね。

 

(千葉県 20才 大学生)

 

Jメール
pcmax

Jメールは、誘い飯掲示板にどんなご飯をまずは食べたいのかを書いてみることから始まりますよ。

 

そしてパパと出会ったときには、本当に奢ってくれそうなら身の上話でもしてみることで、お小遣いをもらえるようになるんですよね。

 

パパ活

 

 

利用料金(よく使う内容のみ) 利用目的 評価

女性だけ完全無料!!
男性は登録無料で最大1,000円分のお試しポイントがもらえる!!

買い物デート、食事デート、旅行デート、大人のデートなど お金くれるパパ,募集,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る