ママ活をしてくる男性を見極めてパパ活でお金をもらう出会い方

今は、ママ活が地味に流行っていて男性がどういう目的なのかと言いますと、お小遣いをもらおうと出会い系サイトで、女性に声掛けなるメッセージを送ってくることがあります。

 

そこで、どんな男性がママ活の誘いを掛けてくるのかを知っておかないと、パパにたどり着けない可能性があります。

 

ネットで調べれば調べるほどママ活男はうざいだけでちゃんとパパ活をしてくれるお金持ちの男性がいることまで分からないまま、出会い系サイトを使ってもとんでもない目に遭いそうだから、退会するか放置してしまう可能性はありますよ。

 

ちゃんとパパになってくれる男性を探すために、ママ活をしてくる男性について知っておきましょう!

 

ママ活をしてくる男性の特徴とは?

 

まずは、ママ活の誘いを掛けてくる男性をちゃんと理解していないことには始まりません。

 

大学生フリーターイケメン

 

の3パターンになります。

 

大学生は、まだ18才から20代前半ですしちょうどバイトしないと生活できないとし始める人も多く、そこで帰りに立ち寄ったコンビニなどで置いてある雑誌や友達との会話からママ活に憧れてサイトを使い始める傾向があります。

 

フリーターは、低所得者だからです。本当は女性に集るようなマネはしたくないけど、お金に困っているし俺は20代30代と若いからまだまだいけるでしょう!こういうノリがあります。

 

特にパパ活と動機が同じで、夢は会社を起ち上げたいから、資格を取って就職活動したいなどどうしてもお金が必要と言う人それぞれの理由はありながらも男なら自分で稼げ!っと思いますよね。

 

そして最後はイケメンです。イケメンはハイリスクハイリターンと言っていい存在です。横にいるだけでどんなブランド品よりも高い価値を持ちますが、イケメンは他の女の子とも遊ぼうとしやすいため、ついついこっちがお金を出してしまいやすい相手になってしまうのです。

 

この3タイプの男性には注意しないといけませんが、パパ活で狙う男性は、30代後半からがとても多くなります。

 

いわゆる年の差が決め手ですね。

 

また、パパになる男性は毎日仕事で忙しく何度も何度も連絡を取り合う関係にはなりません。

 

そこで、かる〜くご飯来てくれるなら1ほど渡すよ!と言う軽いノリで会おうとします。

 

ただ、それは釣りで実際にはラブホテルに行かないと渡さない場合もありますので、本当にそうなのかをじっくりと連絡を取り合って会っていくことが大事になります。

 

あまり連絡を取ろうとしない男性は、気持ちが入っていないのですぐにラブホへ誘おうとすると覚えておけば、変態なおじさんには引っかからないようになります。

 

また、パパは1度会ってみてお小遣いをもらえたとしても、毎日の仕事で忙しいですし、もし縁が切れても別に良いかもとストーカーになるほど女の子を追い求めて来ない傾向はあります。

 

ですので、うまく1人目のパパをゲットしたら2人目のパパを作るようにして、ちょっとパパを嫉妬させるなどのテクを使って条件の良いパパとは続けようとすれば、毎月20万円以上ももらえることはよくあります。

 

まさに、パパ活ができる女の子だけが本当に旨味を手に入れられる出会い方なのです。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る