Twitter パパ活相手募集

Twitterでパパ活するとやっぱり警察に補導される対象になりやすい?

今、誰でも簡単にアカウントIDを取って、パパ活ができるようになっています。

 

しかし、これはとても恐ろしいことで18才未満の女の子すら書き込みがあります。

 

こういう女の子については警察が監視をしており、補導の対象になりやすいです。

 

もちろん、18才以上だからと言ってもセーフなのかと言いますと、お金の話を書いている時点でアウトです。

 

例えば、

 

食事 1万円
ハグ 1万円

 

なんて投稿をしてはいけないわけです。

 

「援助交際の相手を募集するような書き込み」をしてはいけないことに法律上なっているのですから、これは仕方がありません。

 

つい日本人の性質なのか予めまるでスーパーのパンやお惣菜のような形で金額を出していた方がわかりやすいのではないかと思うわけですが、これをパパ活ですると、もろOUTです。

 

必ずではないのですがTwitterでパパ活をしていれば、いつか必ず警察官がパパ役になって呼び出し、そして補導されてしまいますよ。

 

Twitterでパパ活をする上でのおまとめ

 

・パパ活自体は身体目当てじゃなければギリギリセーフ

 

・18才以上じゃないとパパ活してはいけない

 

・Twitter上(掲示板)に金額の話を書いてはいけない

 

ならそれさえ守ればTwitterでパパ活しても大丈夫なの?

 

Twitter内でパパ活をしない方が良い理由をここで言いますと・・・

 

・違法業者があなたを勧誘するためにメールを送ってくる

 

・パパ活をうざがっている男性から陰湿なメールをもらいやすい

 

・できるだけ身を隠して動きたい男性の餌食にされやすい

 

です。

 

違法業者というのは、違法デリヘル業者や違法チャットレディーなどの勧誘が主です。

 

本来であれば、許可を取っていない風俗店は働かせてはいけないのですが、出会い系サイト内で男性客を取って、そこに向かわせようとします。

 

もちろん本番行為をさせてお金を受け取り、業者の元へ戻ると言う流れを繰り返すことになります。

 

 

Twitter上では、できるだけ変な輩を排除したい男性(おじさん)がいて、それでパパ活をしようとしている女の子に説教メールを送ってくることがあります。

 

最後に、パパ活女子は法律的に言えば、必ずしも潔白な状態ではないことを知っているのか、身体の関係を迫ってきて、そしてやり逃げしようとする輩が少数ですがいます。

 

こういうまさにやられ損をしないためにも、ちゃんとセキュリティーが重視されているパパ活サイトを利用することをおすすめします。

 

安心してパパ活できるサイトランキング

 

・18才以上であれば女性は無料で使えます。

 

・年齢確認はありですが、このことで年齢によるトラブルに巻き込まれなくて済みます。(高校生はごめんなさい)

 

・セキュリティーというのは、例えば嫌味をタラタラと言ってくるようなおじさんがもしいたとしてもブロックすると一切こちらのプロフィールや掲示板、日記の書き込みを見せなくすることができます。

 

もちろん不正な業者や宗教の勧誘、ネットビジネスの勧誘なども同様です。

 

このページの先頭へ戻る