パパ活相場って低いの?それとも高いの?

パパ活ってみんなが相場を知りたくなるほど、結構流行っているんですよね。
18才以上の女性であれば、とくに資格やお金なんてまったくなくてもすぐにはじめられます。

 

まず男性は、30代以上のおじさんになることが多いです。
なぜかといえば知り合いや紹介などを通じて出会いの機会が少なくなってくるのと同時に、仕事で大変忙しいので、出来る限り最短で出会える相手を見つけたいからという理由も含まれています。

 

もちろん独身者のパパよりも、すでに家庭を持っているからこそ癒されたい既婚者のパパが多い傾向はあります。
パパは家庭内のこともすべて収入や財産などで補填できているので、後は女の子と知り合える機会でもあれば、心が今よりも満たされるのではないかなと、隙間時間で遊ぼうとしているわけですね。

 

すでに世の中には、暇つぶしという意味ではゲームコンテンツが驚くほど魅力的にはなってきていますけど、パパからすれば女の子と出会ってドキドキしたいという高揚感には、どのようなゲームも残念ながら上回ることがないわけですよ。

 

女の子からすれば、決して言葉に出していうわけにはいかないですけど、パパなんてご飯をごちそうしてくれて、お金だってホイホイと私のために渡してくれる"金づる"だと心の中で思っていたとしてもですよ?

 

容姿のよい女の子ほど人気が殺到する?

 

美人系や可愛い系の女性であれば、男性の目線が一気に向けられやすいのは仕方がないことです。

 

容姿に自信がある女性ほど相場よりもお小遣いをもらえる金額が上がりやすくなります。

 

なら容姿が悪いとパパ活で苦戦する?

 

よく言われているのは、ブサイクとかぽっちゃりなどの女の子はどうなのかですが、相場基準を上回ることは厳しい場合があります。

 

ただし、容姿よりも性格がよい人の方が好きというパパもいるので、継続的な出会いになるほど、お小遣いをもらいやすくはなります。

 

男性の心理としては、歳を取ってくると自分に興味を抱いてくれる人が好きになる傾向がありますので、お金を安定供給してもらいたいと思ったら、50代〜70代あたりのパパ探しが理想といえますよ。

 

パパは人それぞれいろいろな人がいます。
たとえば妻が美人だけど、最近結婚当初のような気建ての良さがなくなり、若い頃は一生守ってあげたいと思えていたのに、今ではお茶1つ入れてくれないとどこか気持ちの拠り所を求めていたとしたらどうでしょうか?

 

もちろん妻にだって言い分はありますけど、パパの中にある満たされない気持ちを誰かに癒して欲しくなる思いが、まさにパパ活女子を追い求める需要となっているわけです。

 

パパ活をしている女性の多くは、18〜20代が凄く多いです。
だからといって30代以降の女性がいないわけではありません。
(パパは人それぞれなので常にどの年代の層にでも需要があります。)

 

年下のまだ右も左もわかっていなさそうな女の子でも、パパに対して気遣いをしてくれると思ってもらえたら、容姿問わず優しくしてあげようと思うかもしれませんよね。

 

だからこそパパ活は、容姿がすべてではない魅力があります。

 

パパ活の相場は?

 

ご飯パパとデート 5千円から2万円

 

その後のホテルあり 2万円から3万円(5万円から20万円程度のパパはなかなか現れにくい傾向がある)

 

プレゼント 平均的に2万円

 

またパパは女の子が提示してくれた+αで考えている場合もあるため、メールの最中や実際に顔合わせした際にパパの顔色をうかがいながらも決めていくのがベストですね。

 

パパは女の子の言動・行動・俺を思ってくれる気持ちで決めている傾向はあります。

 

人間は対面してわずか数分で相手がよい人なのか苦手な人なのかを見抜くといわれています。
そのためとくに出会った最初の3分程度は、まるで初恋の彼氏を思うかのように微笑んであげることで、パパの脳みそをグラグラと揺らせるのでお小遣いに反映しやすくなりますよ。

 

パパは必ずホテルへ行くことを前提に出会うつもりなの?

 

パパの終着点で言えば、ホテルに行くことにはなりやすいですが、必ずホテル目当てでもないのがパパ活です。

 

別に肉体関係ならソープに行けば、いくらでもできるわけです。
世の中のお店では決して手に入らない俺(パパ)のことを思ってくれる気持ちは、お小遣いに反映しやすいかもしれませんよ。

 

まるで彼氏のように扱って欲しいけど、俺(パパ)がダメなときは連絡ができないこともあるけど、それでもいいならパパになってあげるよ!というわがままを叶えてあげてくださいね。

 

・連絡は出来る限り女の子からするようにする。

 

・甘えられそうなパパであれば毎日挨拶くらいはしてあげると、喜んでもらいやすい。

 

パパ活の相場が落ちづらい理由は?

 

すでに多くの女の子たちがパパ活をしているので、需要が供給を上回っていそうなのに普通にパパと巡り合えるチャンスが訪れるのは、パパ自身がわがままであることを自覚しているからなのと、女の子だって自分の本来の価値をわかってもらいたいという思いがちょうど重なりあうからですね。

 

そのため、今まで経験してきたことを整理整頓してアピールできれば、よりパパからすれば魅力的な女の子に見えるかもしれませんよ。

 

・すでに努力をしている内容は伝えてあげるようにする

 

・頑張っていることがあるので応援して欲しいと伝える

 

・ただしパパの話はじっくりと聞いて、頷いてあげるようにするのは忘れずに!

 

※頷いてあげるだけで、しゃべりやすくなるためですよ。

 

パパがしゃべりやすくなると、居心地がよくなるのでお小遣いに反映されやすくなるわけですね。

 

パパ活をするなら?

 

あくまでも最初はご飯からが大事ですね。

 

大人の出会いを目的にしているパパもいますけど、応じていたら援助交際と変わらないですからね。

 

実際に会ってみて、パパが一緒にいるだけでうれしいと褒めてくれるようなら、次もHなしでお小遣いを手に入れられる可能性はありますよ。

 

パパと出会うにはどうすればよいの?

 

・18才以上の男女だけが使えます。

 

・登録後まずは2重登録防止のため電話番号の認証はありますが、機械音声で終わるのでとても早いですよ。
(電話番号はIDになります。)

 

・男性はポイントを前払いで購入して使う有料サイトになります。

 

・女性は無料で使えます。

 

PCMAX
pcmax

PCMAXは友達・恋人のような出会いよりも、ゆとりのあるおじさまとの出会いがしやすいと評判ですよ。

 

PCMAXは男性向けにさまざまなアダルトコンテンツを用意しているため、リピーターが他サイトよりも多い印象はあります。

 

男女関係にお金を使うことは当たり前だと思ってくれている男性会員が多いので、会員登録後からはメッセージが届きやすいですよ。

 

ぜひパパへの思いを伝えてみてくださいね。

 

みんながすでに投稿中の自己紹介を参考にプロフィールを書いてみるとよいでしょう。

 

自己PR

 

自己PR文:パパ活したくて再登録しましたパパ活初心者なのでいただく予算の平均とかよくわかってないです優しく色々教えていただけたらと思います!楽しく会いましょう??
コロナが怖いため、東京にお住まいの方ごめんなさいm(._.)m
望む相手:楽しく会って下さる方!
誰似:広瀬アリスちゃんがよく言われますが、自分ではよくわかりません
性格:気分屋
マイブーム:岩盤浴
特技:探し中
服装:大人っぽいもの
休日は:最近は彼氏とデート
好きな音楽:V系
好きな芸能人:鈴木亮平
恋人:います!

 

自己PR

 

定期的に長期でお会いできるパパ探してます??
お付き合いの仕方は相手に合わせます!
日時は基本空いてる日ならいつでも大丈夫ですので、相談して決めたいです???

 

好きな食べ物はお鮨??
アスパラ・じゃがいも・ネギも大好き??

 

望む相手:優しくて穏やかな人
性格:マイペース
マイブーム:22/7のリズムゲーム
服装:黒系が多い
休日は:お酒飲み行ったり、ヒトカラしたり、アニメ観たり
好きな音楽:ボカロ・ミオヤマザキ・22/7
恋人:います

 

pcmax プロフィール検索「パパ活」結果

 

申込みはコチラ

利用料金(よく使う内容のみ) 利用できるようになるまでの条件 評価

女性だけ完全無料!
男性は登録無料で最大200円分のお試しポイントがもらえる!1メッセージ送信あたり50円分

電話番号の登録(IDとして使用するため)
運営元による年齢の確認  

お金くれるパパ,募集,

Jメール
pcmax

Jメールは、パパとだって普通に出会える誘い飯掲示板があります。

 

どんなご飯が食べたいのかをまずは書いておくだけで、パパから返事があり出会えるという流れになります。

 

男女ともに閲覧が自由にできるため、どのような投稿があるのかまずはチェックしてから書くようにすれば、すらっと投稿しやすくなりますよ。

 

ご飯のときに身の上話でもしてあげるとお小遣いをもらいやすいですね。

 

Jメール

 

もっと詳しく知りたい

 

無料登録はコチラ(18禁)

利用料金(よく使う内容のみ) 利用目的 評価

女性だけ完全無料!
男性は登録無料で最大1,000円分のお試しポイントがもらえる!

買い物デート、食事デート、旅行デート、大人のデートなど お金くれるパパ,募集,

 

 

このページの先頭へ戻る