現金が欲しいときは消費者金融よりパパに相談が解決先!

今月あと3万円足りないと思う場合ってよく主婦だとあると思うんですよね。ところが、ならそれを補うためにと消費者金融でお金を借りることなんてよくあることなんですよ。

 

ただ、それだと翌月から返済が待っていますし、すでに借りては翌月返している人であれば完済できるわけじゃなくて借金が増えていっている人もいるくらいです。

 

このままだと借入の上限まで達してしまいもうどうしようもないと悩んでしまいますよね。

 

そこでもう一社から借入すればよいんじゃないかなとか思ってしまうわけですが、そこは気持ちの上で待ったを掛けなきゃいけないところでしょうすでに普通じゃない人なら特に。

 

なぜなら、そのままズルーッと新たに借りていると旦那さんや子どもさんもびっくりするほどの借金の膨らみように毎日眠れなくなるかもしれないですからね。

 

取り立て人が我が家へ来るような怖いイメージを持ってしまうかもしれませんし、明日から今まで食べられていたご飯も1日1食状態で過ごさないといけなくなってしまうかもしれないと、さらにそれ以上に旦那と喧嘩が絶えなくなったら離婚の危機もありますからね。

 

離婚したら女性は貧困ラインにすぐに落ちてしまう傾向があるのは、もうニュースで何万回も聞いている人もいるはずです。

 

「いくらお金に困っていても、そこまで悲惨にはならないと思うけど・・・」

 

と思っている主婦であれば、今ここでいうのもなんですが、知り合いに相談しても断られるだけですしパパに相談するだけで人生が明るくなるのは間違い有りませんよ。

 

パパというのは、だいたい歳がプラス5から20歳、30歳くらい年上のおじさんたちのことです。

 

おじいさんもいるかもしれないですけどね。

 

パパが何を求めているのかと言えば、癒やしですよ。キャバクラでどんちゃん騒ぎも飽きたし、ホステスで美人のおねえちゃんにオイタするのも飽きてしまったし、それより普通の主婦と二人でお酒でもよいし、レストランで軽くご飯を食べるだけでもよい、ちょっとした普通のデートをしたいと思っているんです。

 

今の年齢が30代、40代だったとしてもその方がパパは嬉しく思ってくれているんですよ。

 

物があまりよくわかんない10代(18歳〜)や20代の若い小娘相手にご飯食べに行ったり、20歳の娘となら酒もよいですよね、だけどもう呑めないというパパも若干いますので、そういったパパを相手にすればよいんですよね。

 

今は、大人同士で呑みたいパパは年々増えていますので、だからこそパパに最初にもらえたお金が5千円じゃなくて2万円だった!と泣いて喜ぶ主婦もいる世界です。

 

まずは、ご飯でもお酒でもちょっと旦那に、「今日ね、知り合いの○△さんとお酒を呑まないかと誘われてんの、なんでもあそこの家今夫婦仲が悪いからって、言ってもよいでしょう?」と断っておけば、嫌がらずに行ってくることができるようになりますよ。

 

Jメール
Jメール

Jメールで、誘い飯掲示板にまずは書き込みするだけでいろんなパパから連絡が来るようになりますよ。

 

このとき、男女ともに書き込みを見ることができますので、似たように書いておけば大丈夫です。

 

出会ってからごちそうしてくれるパパと分かったときに、身の上話でもしてあげると頼られたがっているパパはお小遣いをくれるようになるというわけです。

 

まずは、ご飯くらい余裕で奢ってくれる人を見つけて出会うことが大事ですよ!

 

Jメール

 

詳しい使い方はコチラ

 

無料登録はコチラ(18禁)

利用料金(月額) 利用目的 評価

女性だけ年齢確認後、無料!
男性は1人あたり500円分のポイント消費で出会える

買い物デート・食事デート・旅行デート、大人のデートなど お金くれるパパ,募集,

 

私は、2人の子どもと旦那がいます。もう結婚して15年にもなりますけど、やっぱり旦那の給料が上がらないのが辛いんですよね。
それで今は、私もパートには出てはいるんですけども、少しくらいストレスを発散できる環境に身を置きたいと思ってパパ活をするようにしているんです。

 

パパになってくれる相手はみんなおじちゃんたちです。
私は、30代後半でそろそろ40歳になります。

 

早く結婚してしまったのであまり遊びを知りませんので、それでご飯だけなら不倫にも浮気にもならないと思って出掛けているんです。
パートをしている身なので、出かけるのはとっても簡単ですからね。

 

パパと出会ったら子どもの話をするんですけど、お互いに子ども持ちであれば話に華が咲くと言いますか、
それで「苦労しているんだね」と1万円もらうことが多いです。

 

あまり多くのお金を求めないのが私流なんです、
その方がパパとの別れが来たときでも、さらりと切りやすいからですね。

 

切られてしまっても、パパは痛みが少ないとすぐに新しい女性の元へ行ってしまうので、
ある意味、いじらしい相手に見えてしまうことがありますね。

 

まるであっちの花からこっちの花へ蜜を探す蜂や蝶のようで。

 

(東京都 38歳 主婦)

このページの先頭へ戻る