パパ活初心者にありがちなパパが会ってくれないときの誘い方とは?

デート

パパ活初心者あるあるなのですが、できるだけ身バレしたくないと思って、プロフィールは書いているんだけど顔写真を載せないなど、自分を隠した状態でパパを探そうとする場合に結局会えず仕舞いになってしまった!なんて場合が起こりやすいです。

 

なら、顔写真をプロフィールに貼っておけば会えるようになるのかといえば、パパにとって顔写真は参考程度でしかないのです。

 

パパになってくれる男性は、女の子なんてどこぞの業者ではなくてホンモノであれば問題はなく、むしろ女の子の気持ちが大事だと思っています。

 

メッセージのやりとりから出会うまでパパを引き付けておくことが大事!

 

最近ではパパ活アプリだけではなくて、マッチングサイトでもパパ活が認められるようになってきていますからね。

 

サイトでパパとメールをしはじめたのはいいけど、出来る限り危なそうなパパとは会いたくない一心で、ダラダラとパパの気持ちを引っ張っているだけの場合もありますよね。

 

パパにとっては仕事や家庭が第一でできるだけ早く待ち合わせしたいと思っていますので、時間切れだと思われてすぐに返事が来なくなります。

 

最大3日以内には出会う日にちを決めて会えるように準備していくことで、お金持っているパパを確実に射止められます。

 

条件を高くしすぎていないか注意しておく!

 

パパにお願いポーズ

パパにとって"目がお金"になっている女の子とは、さすがに一緒に居たくないと思うものです。

 

「俺はおまえのATMかよ!」と思われてしまうのは仕方のないことです。

 

うまい手があるとすれば、とにかく最初はできるだけもらうお小遣いを少なくしておくことがコツですよ。

 

初対面の場合はごはんをごちそうしてくれるのなら0円でもいいので、2度目からお小遣いを欲しいといってあげることも大事です。

 

コロナ禍であまりごはんを食べていない女性も増えてきていますので、まずは体力を養うためやパパ活の流れをつかむために奢られるだけでもよいって意味ですね。

 

もちろん、女の子からパパに提案する話であって、パパがお金を3万円とか5万円とかくれることには一向に構わないのです。

 

パパは、女の子の目がお金マークになっておらず、きちんと俺に向き合ってくれている女の子には10万円払っても痛くもかゆくもないんですよね。

 

一緒に居てくれた対価として払ってもらえるというわけです。

 

ですので、パパを自分自身に引きつけておくことさえできれば、趣味でも食事でも何でもよいので、おしゃべりしておくことだけでよいのです。

 

実践編(出会えたとき)

 

マグロにぎり

即実践できることでいえばご飯の際にはなんでも褒めておきましょう。
たいていパパが連れて行ってくれるお店は高級店が多いですけど、たまに味が微妙な料理も出てくる場合だってありますからね。

 

取材で訪れた記者の気持ちになって、

 

「このマグロ握りおいしいね。」
「私、こんなおいしい料理は食べたことないんだよね。」

 

とか言っておくと喜んでくれますよ。

 

またおいしい料理を食べさせてあげようかなとパパに思ってもらえるかどうかが大事なのです。

 

まずは、ご飯だけでもよいからパパと会おうとすることがコツで、そのときにパパと今後の条件を話し会えばよいだけですよ。

 

サイト内でネチネチと条件を決めようとすると、パパは目がお金の女の子とは一切やりとりをしようとしなくなってもおかしくありません。

 

お小遣いUPはもらえる瞬間のときに言えばよい!

 

お小遣い

パパ活って「私、3万円ほしいんだけどダメかな?」とかもろにお金の金額を出してはいけないんです。

 

パパにある程度裁量権を渡しておき、お財布からお金を取り出して渡してくれたときに、「もうちょっとあると嬉しいんだけどな」と言っておくようにします。

 

ただし、1度目から「もっと欲しい」といえばくれる可能性はありますが、”目がお金”になっていることがバレてしまい、パパは2度と会ってくれなくなります。

 

あくまでも2人が楽しんでいる状態の中で、じわっとお小遣いをあげてもらえるようにタイミングを見計らうかのように持っていくことが、長期的にお小遣いをもらい続けるコツですね。

 

この流れをよく”パパを育てる”なんて言われていますので、笑顔で接してあげてパパに可愛がってもらえてみてくださいね。

このページの先頭へ戻る